和食器とフランスの絵皿を組み合わせてみる|#和ギャザリング


Tweet about this on Twitter0Share on Facebook71Pin on Pinterest0

アンティークの魅力

みなさん、こんにちは。TABLE MANIAのゆきこです。

皆さんはうつわをどんなところで買いますか?

食器といえば新品が当たり前。私もそんな風にお買い物をしてきましたが、最近ハマっているのがアンティークです。

今のデザインにはない絶妙に繊細な絵柄が美しい骨董品。

ピカピカの新品ばかりの食卓より、アンティークが入るだけでなんだかこなれて見える気がします。

今回の和のホームパーティーでは、大正昭和初期の和食器を使ってみました。

同じ藍色だからうまくいく

取り皿にも、小さなおつまみの盛り付けにもちょうどいい5寸皿。

食卓にリズムが生まれる7寸角皿。

どちらも何を合わせても品良くまとまるお皿です。

 

骨董品のこのお皿達を使うだけでもちょっと上級者気分ですが、さらにひねりをくわえて洋皿と組み合わせてみました。

右上の花柄のお皿は、フランスのアンティーク平皿です。

白地に藍色の柄を描く染付と、ブルーと白の花柄の洋食器。

 

同じ白×紺のカラーリングだから、混ぜて使っても違和感ありません。

よく馴染んでいるのに、ちょっと変わった組み合わせ。

素敵ですね。

 

和食だから和食器だけ、なんてかたいこと言わず。

”同じ色”を合言葉に和と洋の組み合わせ楽しんでみては?

 

 

▶︎#和ギャザリングをもっと知りたいという方はこちらもどうぞ

和食器でホームパーティーがしたい|#和ギャザリング

和食材だって「よそゆきおしゃれ」にできる|#和ギャザリング

和食器とフランスの絵皿を組み合わせてみる|#和ギャザリング

いつものごはん、カタチをかえてよそゆきに|#和ギャザリング

毎日使えるアート、作家ものの魅力| #和ギャザリング

 

unnamed

[ Yukiko Sugano ] TABLE MANIA編集長

social-003_twittersocial-006_facebooksocial-038_instagram

1983年生まれ東京在住、主人と二人暮らし「フツーの人でもできるちょっと素敵なスタイリング」をテーマにイベントオーガナイズ、テーブルコーディネートやフードスタイリングを行う。【資格】TWSA認定ブロンズテーブルウェアスタイリスト
HP:STYLING by  YUKIKO SUGANO
BLOG:「CHHES+CHHERS

unnamed

AYAKA MITSUTOSHI
Apéro stylist・おうちパーティテーブルディレクター

social-038_instagram

食材バイヤーの父と料理・裁縫・工作好きの母のもとで育ち、小さなころから多種多様な食に触れる機会を多数持ち、自然と料理をするように。Apéroというフランスの文化に触れ、Apéroを日本でもっとやりたい!おうちパーティをもっと楽しめるようにしたい!と”enjoy a table!”を2011年より開設。”簡単だけどおしゃれに見える”を信条におうちパーティテーブルディレクションを日々試行錯誤。普段は会社員。ただ、「食」への夢はあきらめられず、13年9月に渡仏し学校で学ぶ。以降、仕事をしつつも旅先で様々な料理を習って作って食べてを繰り返し、世界を知る日々。「食」にまつわるモノ・コトを探求し、日夜冒険中。
BLOG:「enjoy a table!

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook71Pin on Pinterest0