アートの代わりにお皿を買おう|美意識高まるアスティエ


Tweet about this on Twitter0Share on Facebook27Pin on Pinterest7

(photo text by yukiko sugano)

頑張ったご褒美に奮発して買ったブランドバッグや、誕生日に買おうと決めたジュエリーのように、「いつか」のための食器があるはず。

今日はそんな、憧れの食器「アスティエ・ドゥ・ヴィラッド」の魅力に迫ります。

 

憧れの1枚「アスティエ・ドゥ・ヴィラッド」

フランスパリに工房を構えるブランド「ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ドゥ・ヴィラッド)」。暮らしに感度の高い有名人がこぞって集めていることで、近年人気が高まっています。

世界中からラブコールを集めるアスティエですが、実は比較的新しいブランド。

パリ国立美術学校で出会ったイヴァン・ペリコーリとブノワ・アスティエ・ヴィラッドという2人により、1996年に誕生しました。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パリの蚤の市で見つけたようなアンティーク感

アスティエの食器は、パリ郊外で取れる黒い土に白い釉薬をかけて作られています。

そのため、ムラのあるグレー味おびた色が特徴的。

このどことなくかすれたような、アンティークのような独特の風合いがとても魅力的ですね。

まるでパリの蚤の市で見つけたみたいな、アンティークのようなクラシカルな雰囲気をまとっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

食器は一つ一つすべてハンドメイド。一点一点微妙に違う顔をみせてくれます。

購入するときはお気に入りの一枚をじっくり選びたいところ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アートを愛でるように食器を愛でる

芸術品のように美しいお皿だからこそ、食事の時間以外でも楽しみたい。

まるでアートを眺めるように、お部屋の壁やチェストの上に飾っておきたい気分になります。

繊細な細工や完成されたデザインで、非常に存在感のあるアスティエの食器たち。何も上に乗せずとも、そのままそっと置くだけで写真や絵を飾るように美しい空間を作り出してくれます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アクセサリー入れにしても

美しい食器だからこそ、美しいものと組み合わせたい。

大切なジュエリーを飾るように置いて、アクセサリー入れとして使うのもいいですね。

出かける前のほんの一瞬、時計や指輪をつけるその時に。

毎朝美意識高まる食器がチラと目に入る。その緊張感、素敵じゃないですか?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お花を飾っても

少し深さのあるお皿なら、お花を一輪飾ってもきれいです。

普段はオリーブやドライフルーツなどを盛るのに適したこんな小さなお皿にお花を飾るのも粋ですね。

こんな美しい食器とお花が手元にあったら、スキンケアやメイクの時間だって優雅に過ごせそうです。

 

芸術品としての食器

落としても割れにくい、食洗機にかけられて便利な食器たち。そうした日常使いの食器はもちろん必要です。

でも、自らの美意識を高めてくれるような芸術品としての食器を持つということも、食器の楽しみ方の一つではないでしょうか。

 

決して安いとは言えないブランドだからこそ、単なる実用品ではなくアートを愛でるように生活に取り入れたい。

お料理やフルーツ、お菓子を盛り付けるのはもちろん、暮らしの中で一番愛でられる場所に置いて楽しみたいですね。

 

 

unnamed

[ Yukiko Sugano ]
TABLE MANIA編集長

social-003_twittersocial-006_facebooksocial-038_instagram

1983年生まれ東京在住、主人と二人暮らし「フツーの人でもできるちょっと素敵なスタイリング」をテーマにイベントオーガナイズ、テーブルコーディネートやフードスタイリングを行う。【資格】TWSA認定ブロンズテーブルウェアスタイリスト
HP:STYLING by  YUKIKO SUGANO
BLOG:「CHHES+CHHERS

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook27Pin on Pinterest7