モダンな和食器のコーディネートで、秋は大人っぽく


Tweet about this on Twitter0Share on Facebook27Pin on Pinterest3

01

(photo text by yukiko sugano)

 

いつものごはんにいつもの食器、なんだかマンネリ、手持ちの食器じゃ子供っぽい。

そんな気分なら、食器を買い換えるタイミングかもしれません。

ここ数年、大人の女性の間で和食器の人気が高まっています。でもいざ買おうと思うと何を買ったらいいのかわからない、そんな声をよく聞くようになりました。

本日のTABLE MANIAは、モダンな和食器で「マンネリ」気分を打破して、おうちごはんを大人にチェンジするコーディネートをご紹介します!

 

日常使いの和食器セット

  1. やちむんの7寸皿
  2. 深さのある片口
  3. しぶい豆皿
  4. マットな質感のリネン&カトラリー

 

やちむんの7寸皿

メインはここ数年人気の高い沖縄の食器”やちむん”。

素朴であたたかみのある、おおらかでポップな柄が特徴のうつわです。

7寸(約20㎝強)という大きさはパスタやカレーを盛り付けるのにちょうどいいサイズ。

普段使いに扱いやすいお皿です。

 

03

深さのある片口

副菜を入れるには、粉引の片口を。

深さのある片口は、見た目の割にたくさん入るのもうれしいところ。

ニュアンスがかったグレーが落ち着いた雰囲気です。

04

カーキ色の豆皿

豆皿は色んな種類が売っていますが、今回はこの渋い深緑色のものをチョイス。

小さすぎない適度な大きさの豆皿なら、十分おかずを盛り付けられます。

05

マットな質感のリネン&カトラリー

モダンな和食器に合わせるのは、相性の良いマットな質感のリネンとカトラリーです。

光沢のある素材は、ゴージャスでフォーマルな印象になりがち。

マットなゴールドやシルバー、素材そのままの竹箸ならお皿の素朴な印象を損ねません。

テーブルリネンもあえてがさがさっとした質感の麻を用意しています。色もカーキ色で豆皿とリンクさせました。

 

06

いつものおうちカレーも和食器で旬顔に

食器やカトラリーを配置して、実際におうちごはんの定番カレーを盛り付けてみました。

何の変哲もないいつものおうちカレーに、副菜はインゲンの胡麻和え、プチトマトを添えて。

ごくごく普通のごはんです。でも、和食器の力でなんだか旬の感じ、、、!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モダンな和食器とマットなテーブルウェアで大人に

今回はグレー、カーキ、ベージュにブラウンと、秋を感じる深い色あいの食器を選びました。

色柄の豊富な和食器ですが、色のトーンを合わせると全体にまとまりが出て合わせやすいと思います。

また、ツヤのないマットな質感のテーブルウェアはモダンな和食器の雰囲気をぐっと大人に高めてくれるのでおすすめです。

秋こそ、大人の仲間入りを目指して和食器デビューしてみませんか?

 

unnamed

[ Yukiko Sugano ]
TABLE MANIA編集長

social-003_twittersocial-006_facebooksocial-038_instagram

1983年生まれ東京在住、主人と二人暮らし「フツーの人でもできるちょっと素敵なスタイリング」をテーマにイベントオーガナイズ、テーブルコーディネートやフードスタイリングを行う。【資格】TWSA認定ブロンズテーブルウェアスタイリスト
HP:STYLING by  YUKIKO SUGANO
BLOG:「CHHES+CHHERS

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook27Pin on Pinterest3